北欧 アンティーク

こだわりの北欧アンティークあれこれ

北欧家具のなかでも、アンティークものは人気があります。ただ古いものだからではなく、それぞれ趣が深いものだからです。
アンティークショップや、インターネットで検索するなどして、自分の興味をもったものを探してみるのも楽しいでしょう。
北欧アンティーク雑貨
北欧の雑貨は、可愛らしい物からシンプルなものまで幅広く、でどんな部屋にも合うので、日本でも人気が高くなっています。
価格も手ごろなことから、ちょっとしたアクセントにビビットカラーの雑貨を置いてみたり、子供部屋の雑貨を北欧の物で統一するなど、様々な用途で活躍しています。
種類は多岐にわたり、アクセサリーやランプシェード、ステンドグラスやボトル、北欧ならではのデザインが特徴のバックやトランクなどたくさんあります。
使用する雑貨ももちろんありますが、そのかわいさなどから、飾るためだけに購入する人も多いそうです。
お気に入りの雑貨を見つけるためにも、専門雑誌やアンティークショップなどでいろいろ探してみましょう。
*北欧アンティークテーブル
北欧のアンティーク家具はいま日本でもとても人気がありますが、特にテーブルにこだわる人が多くいます。
ダイニングテーブルはアンティーク家具の中でも人気が高いです。
北欧の家具は一生使う家具として作られているため、とても頑丈に作られており、また部屋の中心に置かれるため存在感も大きく、
コーディネイトとしての印象も強くなるからです。ですからなおさら、選び方も慎重に行いましょう。
テーブルは、小さいサイズから大きなサイズまで幅広いため、ダイニングテーブルとしてもコーヒーテーブルとしても使えますし、アンティークとしても楽しめます。
日常には欠かせないテーブルだからこそ、こだわりをもって選び、一生の家具として使いましょう。
*北欧ミッドセンチュリーのアンティーク家具
ミッドセンチュリーとは、1900年代中期の事を言い、その時代に作られた家具などがミッドセンチュリー家具と呼ばれて、ファンが世界各国にいる人気のある商品です。
1900年代は北欧でも様々な家具か製作されましたが、シンプルの中にもモダンなデザインが取り入れられた時代でもあり、現在にも受け継がれています。
ミッドセンチュリーの代表とされているのは、ジョージネルソンやイームズが有名なデザイナーとなり、
現在でも世界各国の展示会でモダンなザデインが注目されて、多くの人が来場しています。
ミッドセンチュリーの家具を扱うお店も多く、現在はインターネットショップを通じて手軽に見ることも出来ますので、
アンティークの世界を堪能するならぜひ体感してみてください。
*北欧アンティーク家具のデザイナー
北欧アンティーク家具の有名なデザイナーの1人として、「ハンスウェグナー」がいます。この方は、モダンデザインの代表的人物と言っても良いでしょう。
「ハンスウェグナー」の代表作としては、シェルチェア、Yチェアなどが有名になっていますが、
美しいフォルムは座りやすさも考えられたイスとなっていて、現在も多くの人に愛されています。
「アルネヤコブセン」も北欧アンティーク家具のデザイナーとして有名になりました。
スワン、アント、エッグと名付けられたイスは使い勝手がとても良く、現在でも名作と言われています。
「フィンユール」は北欧の巨匠と呼ばれるデザイナーです。
独特の発想と想像力で作り上げられたデザインは【家具の彫刻家】と言われ、現在も多くのファンから愛されています。
デザイナーによって様々な違いはありますが、北欧のアンティーク家具に言えることは、木のぬくもりを感じることが出来、人々の思いが伝わってくると言うことです。
北欧の「家具を愛する心」を、どうか堪能していただきたいと思います。
きっと、長いつきあいのできるステキなアンティークにめぐり合うことができるでしょう。

北欧インテリアで心地よい暮らしメニュー

北欧インテリアで心地よい暮らしリンク